心療内科の患者

心療内科に訪れる患者の多くが、仕事でのストレスが原因で身体の調子がおかしくなっています。会社勤めの女性であれば、同僚とうまくコミュニケーションが取れない、嫌がらせがある、上司との関係が上手くいっていない、セクシャル・ハラスメント、モラル・ハラスメントといった理由で身体を壊してしまい、心療内科に訪れるという方が多いです。また、会社勤めの女性以外にも、一般の主婦や高齢の女性も心療内科にて治療を行っています。主婦であれば、こちらも主婦同士のコミュニケーションが上手く取れていない、嫌がらせを受けているといった理由で体調を崩してしまうケースが多いです。主婦の中には、子育てが上手くいかないといった理由で訪れる方もいます。

心療内科を訪れる男性患者も、仕事関係でストレスを溜めてしまい、身体を壊してしまったというケースが多いです。男性の場合は、どちらかというと、中高年の方が多いです。理由としては、会社でのストレスの他、家庭内でのストレスを強く感じてしまい、心身症等のトラブルを起こします。中には、リストラされないか毎日心配しながら会社に通って、体調を崩す男性もいます。

心療内科がある場所によって、訪れる患者のジャンルも異なります。東京や大阪といった大都市のオフィス街に心療内科がある場合は、圧倒的に、サラリーマンやOLの患者が多いです。住宅街など、比較的落ち着いた所に、心療内科があれば、主婦、あるいは高齢者の方が圧倒的に多くなります。

高齢者が心療内科を訪れる理由としては、定年退職をして、社会から必要とされなくなったという不安や、家族からのけものにされたくないという不安からストレスを溜め込み、最終的には不眠症といった症状を引き起こします。こうした高齢者の患者には、医師とのカウンセリングや誘眠剤などを処方して、心のケアと体調の管理をしてあげます。このように、心療内科に通う患者はそれぞれストレスを感じるシチュエーションが異なり、治療の仕方も、内容によって異なります。

東京にある心療内科のホームページでは、うつ病をチェック出来るページがあり、簡単に自身で診断する事が出来ます。自身がうつ病ではないか、あるいは身内の様子がおかしい、うつ病の可能性がある、といった方は、一度この東京の心療内科ホームページにてうつ病チェックを行いましょう。うつ病チェックページでは、様々な質問が載っており、それに答えて自分がうつ病の可能性があるのかをチェックしていきます。質問では、「身体が疲れやすいか」、「気持ちが落ち込む事が頻繁にあるか」、「人との会話を集中して聞く事が出来るのか」、「慢性的な頭痛があるのか」といった質問が載っています。うつ病を早く克服する為にも、東京の心療内科ホームページを利用して、改善していきましょう。